京都大学
国際法政文献資料センター

 法律学・政治学の外国雑誌論文・単行書を検索し、コピーを入手する(付:日本の雑誌論文)

    英米の法律雑誌論文を検索する (論文のコピーを入手する)

 英米の法学図書(単行書など)を検索する

アイルランド アイルランドの雑誌論文の検索

   ドイツの法律雑誌論文・法学図書を検索する (論文のコピーを入手する)

   フランスの法律雑誌論文・法学図書を検索する (論文のコピーを入手する)

   書評を調べる  関連論文を探す  国際会議記録・論文を調べる

  アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカなどの雑誌を探す・論文を検索する

           (中国語雑誌論文検索朝鮮語雑誌論文検索アフリカの雑誌論文検索など)

   日本の雑誌論文を検索する (付:戦前の雑誌論文や単行書の調べ方)

ココも見てください

   雑誌論文のコピーを入手する

 法律学・政治学の外国雑誌論文について特定のテーマや著者から、どのような論文があるのかを調べて、その論文コピーなどを入手したいというニーズは研究や勉学の過程でしばしば発生します。

  英米の法律雑誌論文を検索する(および論文テキストの入手)

 英語で書かれた法律論文を中心に検索するには …  【事例50

Index to Legal periodicals>(ILP) を利用するのが最も良いと思われます。

この資料は冊子体でも調べられますが、やはりデータベースを利用するのが便利

です。これにはCD-ROM版とオンラインでのものとあります。

LexisNexisLexis.comにはILPファイルがあり1978年以後の文献について検索できます。

【京法図】にはCD-ROM版があります(法学研究科教官・大学院生は雑誌室で利用

できるほか、学部生は【国際セ】で体験できます)。

*                            【京大図】【同大図】【立大図】【京産大図】ではFirstSearchが利用できますからこのILPもオンラインで最新データが検索できます(利用は学内者に限定)。

http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/dbj/O.html

http://www.doshisha.ac.jp/gakujo/library/riyouservice.html#onlin

http://www.ritsumei.ac.jp/www-lib/sogo/dbsrv.htm

http://wwwlib.kyoto-su.ac.jp/

*                            全国各大学での利用】 多くの大学で利用可能になっています。

ただし、ILPは検索のみでLawReviewなど法律雑誌の論文テキストは以下のデータ

ベースで入手します。また、それ以外の雑誌について次のサイトにアクセスして

みるといいでしょう。テキストがネット上で入手できる雑誌が多くあります。

 外国雑誌論文テキストをネット上で入手できる電子ジャーナル  法律学・政治学雑誌を中心に= 

  Law Review, Law Journalなど法律論文を検索してテキスト入手するには … 

 様々な角度から検索が出来て即座にその論文テキストを入手するにはデータベース

を利用するのが最善の方法です。

LexisNexisLEXIS-NEXISを利用すると検索からテキスト入手までできます。

 [ Law Reviews & Journals ] →[Law Reviews, Combined]ファイルを選ぶと殆どの雑誌論文を

検索することができます。

また、あらかじめ求める論文を掲載している雑誌名を知っている場合は

Individual Law Reviews & Journalsファイルで雑誌名を特定して入手することも出来ます。

west.thomson.comWestlaw でも同様です。ただ、Harvard Law Revなどの所収年数が長いなど

カバーしている収録範囲や所収雑誌数に若干の違いはあります。

★ただし、どちらのデータベースも収録されている雑誌の多くが1982年以後の出版に

限られていますので、それ以前のものについては、以下のHeinOnline データベースで

検索→テキスト入手をします。【事例99

 HeinOnline はアメリカの主要な法学雑誌(250点)を創刊号から収録して

います。著者やタイトルや本文からの検索ができ、テキストも入手できる電子ジャーナ

ルです。【国際セ】では利用が可能です。全国のいくつかの大学では学生の利用ができます。

 なお、米、英、カナダ、オーストラリアなど英語圏の雑誌について一括して調べ

 たい場合はwest.thomson.comWestlawのWorld Journals and Law Reviewsファイルを利用することも

 できます。(Westlaw International--News and Periodicals Subscriptionsディレクトリ)

 イギリスおよびヨーロッパ諸国のLaw JournalやLaw Reviewなどの法律雑誌論文

を検索してテキスト入手するには …  【事例85】【事例140

 検索だけならwest.thomson.comWestlawLegal Journals Indexファイルでイギリスやヨーロッパ

の法律雑誌430点について1986年以後の論文について検索が出来ます。検索された結果では

所収号と掲載頁のほか論文の要約も見ることが出来ます。

west.thomson.comWestlawではLaw Journals combinedというファイルで検索−テキスト入手できます。

30点ほどのイギリス法律誌が所収されています。

LexisNexisLEXIS.comではUnited Kingdom Law Journals, Combinedというファイルで

検索−テキスト入手できます。85点ほどのイギリス法律誌が所収されています。

 カナダの法律雑誌論文を検索してテキスト入手するには …カナダ

LexisNexisLEXIS.comではCombined Canadian Law Reviewsファイルで30誌あまりの雑誌

調べられます。

west.thomson.comWestlawではCanadian Law Reviews, Texts & Journalsファイルで、35余り

のカナダの法律雑誌や20点ほどの法律解説書に掲載の論文について検索できます。

 

 ほかにインターネットから無料で検索できるデータベースとして以下のものがあります。

 法学を含めた全分野の英語雑誌論文を収録した<ingenta>(旧UnCover

も検索に手軽で便利です。これはwebsiteから誰でも利用できます。

http://www.ingenta.com/

FirstSearch》に入っているArticleFirstも1990年1月〜の英文論文が

収められていて、ingentaで得らない文献が検索される場合がありますので

必ずトライすべきです。

*   【京大図】【立大図】では学内者は利用可。【同大図】では代行検索しています。

 上記のデータベース以外に下記のものが利用できる大学もあります。

《DIALOG》 は全分野の欧文文献情報を収録したもので、法律や政治など社会

科学についても非常に網羅的な文献データベースの集合で、検索した論文の要約も見

ることが出来ますので便利です。ただ、残念ながらほとんどの大学で有料になっ

ています。【立大図】では学内者に限り利用できます。【同大図】ではレファレンス

カウンターで代行検索しています。(有料)【京大図】では校費による代行検索を所定の申込書

により受付けています。(有料)【龍大図】では教職員の登録者のみ利用できます。

ProQuest》は、アメリカBELL&HOWELL Information and Learning(旧UMI)がビジ

ネス・科学技術等の書誌情報と全文情報をインターネット経由で提供するデータベー

スサービス(ドキュメントデリバリー)です。そのなかのPeriodical Abstracts

ResearchII は、芸術から科学まで幅広い分野にわたって雑誌記事・論文の全文

情報を得ることができる電子ジャーナルです ⇒【立大図】【同大図】学内ネット

ワークに接続したパソコンから利用できます。

http://www.ritsumei.ac.jp/www-lib/sogo/dbsrv.htm

http://www.doshisha.ac.jp/gakujo/library/riyouservice.html#onlin

 19世紀から20世紀前半に出版された英米の古典的法律雑誌の論文を入手するには …  

 HeinOnlineデータベースでテキスト入手ができます。[Select Library]プルダウンメニュで

<Legal Classics>を指定すると誌名のアルファベット順にタイトルが一覧されますので探している雑誌を

クリックします。収録の巻が表示されますので<Volume>を指定すると論文タイトルがでます。

Pageをクリックするとオリジナルの印刷形態でテキストを見ることが出来ます。

 論文タイトルのワード検索もできます。[Search]をクリックしますと検索フォームがでます。

 雑誌以外に掲載された論文を探す場合 …  【事例123

 文献の中で引用された論文が雑誌論文データベース検索で見つからない場合は、それが雑誌に

掲載されているのではなく、図書・単行書のなかに一章を設けて所収されている論文である場合があります。

この場合は、東京大学サイトのブックコンテンツサービスというデータベースやWeb of Scienceなどの文献

データベースで調べます。

  英米の法学図書(単行書など)を検索する

 英語で書かれた法学図書をタイトルや内容(コンテンツなど)から検索するには …

 アメリカの主要な大学のLaw School Library が提供するOnline Catalogで調べられます。

書名(Title)や内容・目次(Contents)に含まれるWords やPhrasesを対象に検索できます。

 Harvard Law School Library (Hollis)

   http://lms01.harvard.edu/F/ANC3II3IC14P62VX23DGIH4PBPPU2CA328M5Q1CH8S2T3QDM2V-53396?&pds_handle=GUEST

  Yale Law School Library (Morris)

   http://morris.law.yale.edu/

  Columbia Law School (Pegasus)

   http://www.law.columbia.edu/library/pegasus

The University of Michigan Law Library (Lexcalibur)

   http://lexcalibur.lib.law.umich.edu/

 

アイルランド アイルランドの1997年以後の法律雑誌論文の検索が出来ます。

IRLIIサイトの<Index of Articles in Irish Legal Periodicals>の検索フォームでタイトルや

著者名から検索、あるいは主題のキーワードから調べられます。

http://www.ucc.ie/law/irlii/periodicals/periodicals.php

 

 

   

 

   

また、http://www.ucc.ie/law/irlii/index.php

の右フレームの[Search IRLII]のラジオボタンにチェックを入れても同様に検索できます。

 

   ドイツ(語)の雑誌論文・法学図書を検索する  [図書(Monographie)の検索]

ドイツ語雑誌論文(あるいはドイツ法関係論文)を検索するには … 【事例112

 連邦裁判所図書館(Bibliothek des Bundesgerichtshofs)のLiteraturrecherche

im Katalogが役に立ちます。

http://www.uni-karlsruhe.de/~BGH/bgh_suchmaske.html

Katalog17の大学から選択できますが、論文検索については Bibliothek des

Bundesgerichtshofs のファイルが収録データが最も多いのでそれを選ぶのが

よろしい。

 それから上のKatalogに勝るとも劣らない論文検索データベースとして先述した

南西ドイツ図書館連合の Katalog des Südwestdeutschen Bibliotheksverbundes

があります。これは書籍とともに雑誌論文も検索してくれます。

http://www.swbv.uni-konstanz.de/CGI/cgi-bin/opacform.cgi

この Katalog des Südwestdeutschen Bibliotheksverbundes では検索した結果

はその雑誌の所蔵機関も表示してくれます。なお、注意すべきは検索式に入れる

単語にウムラウトなどは使わないことです。例えば、”Verfassungsmasigkeit

は ”Verfassungsmaessigkeit”とします。 他方、Bibliothek des Bundesgerichtshofs

Katalogや後述のBIJUSデータベースではどちらも使えます。このようにドイツ

のデータベース検索ではドイツ語特有の文字に注意して検索式を記入しないとヒッ

トしない場合があるので注意しなければなりません。また、この二つのデータベース

は重複していないデータを多く持っていますので調べる際は3つとも利用する必要

があります。

 法学をふくめて全分野の雑誌に掲載された論文についてタイトルに含まれたワードや

著者名から検索できる書誌情報データベースとして、JADE Die Zeitschriftenaufsaetze aus

 der JADE-Datenbank  (1992-) があります。とくにドイツ語論文ということではなく、24,000

タイトルの外国雑誌を対象としています。

http://jas.bib.rwth-aachen.de/netahtml/jabl1.htm#start

 さらに、法学関係論文に絞るなら、Universität des Saarlandesの法学部が提

供している BIJUSデータベースもトライすべきです。書籍と同時に雑誌論文が概要

付きで見ることができます。

http://www.bijus.org/cgi-bin/dbijus

  では1976年以後に発表された論文について、約630点の法律専門雑誌の

中から検索できます。メニュの[Literatur]を選び→[juris Aufsätze]でキーワード

検索ができます。[Suche][Liste]でヒットした論文(Aufsatzなど)を一覧させ、該当の

論文をクリックしますと、タイトルや掲載誌とその頁のほか、論文の構成(Gliederung)

概要(Kurzreferat)などを見ることができます。 を利用

ドイツ(語)の図書(Monographie)を検索してコンテンツなどの内容を見たい場合

  では図書の検索の際、著者名や書名で検索できるほか、[Normen]や[Text」の

項目にキーワードを入力すれば書名中になくても目次などに含まれていれば検索し

てくれます。検索結果には発行年と所収頁数のほか、コンテンツ・構成(Gliederung)

が表示されます。

 Festschrift(記念論文集)を検索して、その書誌やコンテンツなどを見たい場合

   を利用して調べられます。メニューの[Literatur]を指定して、サーチフォーム

  で [Titel]に記念されている人名を入力し、もうひとつの[Titel]に”Festschrift”と入れて

  SUCHEボタンを押すと検索されます。[DOKUMENT]をクリックすると文献タイトルやコンテンツ

  (Gliederung)を見ることができます。

Hilfetext zum Feld

Suche im Register

1

Hilfetext zum Feld

Suche im Register

820

Hilfetext zum Feld

 

 

   フランスの雑誌論文・法学図書を検索する

フランス語雑誌論文を検索するには …  【事例17

 フランス語の法学雑誌論文は1800年以降の論文も一部対象としたBIJUSサイトで検

索でき ます。このドイツのUniversität des Saarlandes 製作の F-Bijus データ

ベースは論文の概要も見ることもでき、タイトルや概要文中の単語やフレーズで

検索できます。

http://www.bijus.org/cgi-bin/fbijus

 それから、主にドイツ語文献の検索で利用する以下のデータベースもフランス語論文

を多く収録していますので利用する価値があります。先述したドイツ連邦裁判所図

書館(Bibliothek des Bundesgerichtshofs)の Literaturrecherche im Katalog

および南西ドイツ図書館連合の Katalog des Sudwestdeutschen

Bibliotheksverbundes です。

http://www.uni-karlsruhe.de/~BGH/bgh_suchmaske.html

http://www.swbv.uni-konstanz.de/CGI/cgi-bin/opacform.cgi

 また、政府機関発行の revues の掲載論文の検索はLa Documentation française.

 Publicationsで調べられます。”Droit-Justic”や”Environment”などのテーマ別

に論文が収録されています。キーワード検索もできます。

http://www.ladocumentationfrancaise.fr/catalogue/3303332108817/index.shtml

 LexisNexis Lexis.comではSemaine juridiqueの1995年以後に掲載された所収論文を検索入手できます。

アクセスは Legal > Global Legal> France > Recherches en francais > Revues > La Semaine Juridique

http://www.lexis.com/research/form/bool?_m=8429b8e0c2d5625b39625f71b0a5596f&_src=247524.3006798&_cat=3006798&wchp=dGLbVzb-zSkAk&_md5=ec080b6458d6cf17f55ada46d233af87

ほかに、法律分野を含む社会科学の雑誌論文(1984年以後)を収録したCD-ROM版のFRANCISも役に立ちます。

 

フランス語法学図書を検索するには …

 SUDOCデータベースで単行書や学位論文などの文献(700万点以上)を検索できます。

SUDOCの調べ方はココ

 

   書評を調べる  関連論文を探す  国際会議記録・論文を調べる

 書評を調べたい場合は… 【事例110

 <Book Review Digest>(《FirstSearch》に所収)で調べられますが、

1983年〜の毎年7000件程度を対象としているくらいで網羅性が低い。

【立大図】は学内者は利用可。

【京大図】ではFirstSearch》は利用できますが、このファイルは利用対象外です。

→【国際セ】【同大図】では代行検索。

 <Index to Legal periodicals>でも書評は入っている場合があります。

この資料は冊子体でも調べられますが、やはりデータベースを利用するのが便利です。

これにはCD-ROM版とオンラインでのものとあります。

LexisNexisLexis.comにはILPファイルがあり1978年以後の文献について検索できます。

【京法図】にはCD-ROM版があります(法学研究科教官・大学院生は雑誌室で利用

できるほか、学部生は【国際セ】で体験できます)。

 <Book Review Index> (《Dialog》に所収)は所収データが多い。

【立大図】では学内者に限り利用できます。

【同大図】ではレファレンスカウンターで代行検索しています。(有料)

【京大図】では校費による代行検索を所定の申込書により受付けています。(有料)

【龍大図】では教職員の登録者のみ利用できます。

 

 関連論文を探す(或る著書や論文(の或る部分)を引用している雑誌論文を検索する)

 <Social Science Citation Index> で調べる ⇒【国際セ】で代行検索します。

 <Web of Science> これは自然科学、社会科学、人文科学のあらゆる分野の学術

雑誌の論文を収録した引用文献データベースで、Social Sciences Citation Index

Arts & Humanities Citation Indexの過去15年分(1986-2001)のデータが利用可能

です。このデータベースの特色は、ある著者やテーマから関連の文献を研究の流れや

展開が時系列に簡単に調べられるので、文献情報を広く深く掘り下げることができる

ところにあります。

【京大図】http://ddb.libnet.kulib.kyoto-u.ac.jp/lusr/wos.html

京大以外でも、いくつかの大学で中央図書館が学内サービスをおこなっています。

 

 国際会議論文を調べる

 PapersFirst> (《FirstSearch》所収)が便利です。(収録範囲: 1993年

10月〜 収録件数: 360万件以上 収録誌: 74,000誌 更新: 2週間に1回 形式: 抄

) 世界各地で開催された会議の記録へのアクセスを提供。1993年10月以降にBLDSC

(The British Library Document Supply Centre) の膨大な会議録コレクションに加

えられたすべての学会・シンポジウム・博覧会・ワークショップ・会議などの記録を

カバー。メジャーな研究補助ツールです。【立大図】は学内者は利用可。

【京大図】ではFirstSearch》は利用できますが、このファイルは利用対象外です。

→【国際セ】【同大図】では代行検索。

 ProceedingsFirst> は(《FirstSearch》所収)収録範囲: 1993年10月〜

収録件数: 110,000件以上 収録誌: 12,500誌以上 更新: 毎月 です。これは

世界各地で開催された会議の記録の目次情報を提供します。各レコードには、各会議

にて提出された資料のリストが含まれています。BLDSC (British Library Document

Supply Centre) が所蔵する1993年10月以降の目次データを収録。目次情報から、

会議の概観がわかるように配慮されています。【立大図】は学内者は利用可。

 【京大図】ではFirstSearch》は利用できますが、このファイルは利用対象外です。

→【国際セ】【同大図】では代行検索。

 

 科学分野全般を対象とする英文コア雑誌の論文を探す場合は…

 <Web of Science> これは自然科学、社会科学、人文科学のあらゆる分野の学術

雑誌の論文を収録した引用文献データベースで、Social Sciences Citation Index

Arts & Humanities Citation Indexの過去15年分(1986-2001)のデータが利用可能

です。このデータベースの特色は、ある著者やテーマから関連の文献を研究の流れや

展開が時系列に簡単に調べられるので、文献情報を広く深く掘り下げることができる

ところにあります。

【京大図】http://ddb.libnet.kulib.kyoto-u.ac.jp/lusr/wos.html

京大以外でも、いくつかの大学で中央図書館が学内サービスをおこなっています。

 <Social Sciences Abstracts> (《FirstSearch》に所収)このデータベースは

収録範囲: 1983年2月〜、収録件数: 672,000件以上 収録誌は559誌、更新は毎月、

データ形式は抄録で、人類学・経済学・地理学・法と犯罪学・政治学・社会事業・社

会学・国際関係学等、社会科学分野の英文コア雑誌を対象として記事を索引していま

す。(http://www2.oclc.org/oclc/fs/fstitle/index.aspで収録誌の確認ができます)

【立大図】は学内者は利用可。

【京大図】ではFirstSearch》は利用できますが、このファイルは利用対象外です。

→【国際セ】【同大図】では代行検索。

 

  アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカなどの雑誌を探す・論文を検索する

 アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカなどの雑誌を見たい場合…

 アジア経済研究所図書館では開発途上地域の雑誌を多数収集し、そのホームページの所蔵目録

でどのような雑誌が所蔵されているかについて調べられます。

 http://opac.ide.go.jp/search/index.html

 アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカなどの雑誌の主要な論文・記事を検索したい場合…

 アジア経済研究所図書館が受け入れている雑誌から、発展途上地域に関する経済・政治・社会

関係の主要な論文・記事を索引にした雑誌記事索引データベースが利用できます。これは最新1ヶ月

の採録分を掲載していますが、それ以前の雑誌記事索引については、蔵書検索(OPAC)(ファイル:雑誌

記事索引ABを選択する)することができます。

⇒ http://www.ide.go.jp/Japanese/Library/List/Sakuin/index.html#zashi

⇒ http://opac.ide.go.jp/search/index.html

 とくにアジア諸国の雑誌記事を検索したい場合…

 ANU(Australian National University)が提供するSoutheast Asian Serialsというデータベース

        が優れています。 “Asian Survey”など136タイトルの雑誌の論文について著者や標題、主題語で

            検索できます。収録範囲は1990年以後です。

 ⇒ http://database.anu.edu.au/asia/indo/new/index.php

 とくにタイの雑誌記事を検索したい場合…

 University of Washington Librariesが <Thai Journal Index>という雑誌記事を

 検索できるデータベースを提供しています。キーワードを英語で入れて検索します。

 結果は論文の最初の頁のイメージ(タイ語)とともに、英語で概要が示されます。

⇒ http://content.lib.washington.edu/Thai/index.html

 とくに中国語の雑誌記事を検索したい場合…

 1998年以後に刊行された中国語雑誌の記事については 

⇒ http://www.ide.go.jp/Japanese/Library/List/Sakuin/index.html#china

それ以前の記事については、「アジア経済資料月報」の索引で調べることができます。

 とくに朝鮮語(コリア語)の雑誌記事を検索したい場合…

 1998年3月以後に採録されたコリア語の雑誌記事については

⇒ http://www.ide.go.jp/Japanese/Library/List/Sakuin/index.html#korea

それ以前の記事については、「アジア経済資料月報」の索引で調べることができます。

なお、雑誌論文のコピーについては郵便・FAXで問い合わせてください。※

※ 発送先:〒261-8545千葉市美浜区若葉3-2-2 日本貿易振興会アジア経済研究所図書館  Fax 043-299-9734

    国会図書館関西館のアジア情報室でも多くのアジア・中東・北アフリカの雑誌を開架して

います。資料の所蔵確認や利用については「アジア情報室カウンター」や電話(0774-98-1200)

で問い合わせることが出来ます。

    中国研究所図書館では1950年前後から現在まで中国で発行された雑誌(約1350種)を所蔵

しています。複写サービスもありますので料金など問い合わせすることが出来ます。

東京都文京区大塚 6-22-18 TEL 03-3947-8029

(E-mail: c-lib@tcn-catv.ne.jp)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/ica/index.html

 アフリカの雑誌論文や書籍などを調べたい場合…

          アフリカの雑誌論文検索(執筆予定)

 

   日本の雑誌論文を検索する (付:戦前の雑誌論文や単行書の調べ方)

ココも見てください

 日本語雑誌論文を検索するには …  【事例20

 国立国会図書館のNDL-OPACが雑誌記事索引の検索サービスを提供しています。

⇒ https://opac.ndl.go.jp/

<雑誌記事索引の検索/申込み>ボタンをクリックしますと検索画面になります。

論文名や著者項目などに検索語を入れて、雑誌出版期間を指定して検索します。

1983年以後に出版された雑誌の論文を対象に検索できます。

なお、このデータベースに採録された雑誌の一覧を見るには<採録誌一覧>を

クリックしてください。

「国立国会図書館雑誌記事索引」(国会図書館)1975年〜。法学を含め全分野の

雑誌論文を収録しています。【事例90】Webでは国立情報学研究所NACSIS-IRのNDLJPI/ZASSAKU

というデータベースで最新の雑誌論文情報を検索できます(2週間ごとに最新情報が

追加・更新)

⇒ http://webfront2.nii.ac.jp/

<NACSIS-IRを利用する>→<NACSIS-IR>をクリックして、[zassaku]とデータベース名を入力する

と検索画面になります。論文のタイトルだけでなく内容に関わる言葉で検索が出来ます。ヒットした

言葉には  印が付きます。

また、検索結果で示された雑誌についてその所蔵大学を知りたい場合は・・・

 <NCID>下線部分をクリックして「外部情報一覧表示」画面を出してWebcatリンクボタン

をクリックします。

他に,以下のデータベースがあります。

「MAGAZINEPLUS」(上記<雑誌記事索引> +その他国内刊行学術系雑誌論文)

【同大図】【龍大図】ではオンラインで学内者に限り利用できます。

「法律判例文献情報CD-ROM」。これは1982年以降に発売された法律新刊図書、

法律専門雑誌、研究紀要・論文、判例情報誌、新聞の法律判例関係論文・対談等から、

31万件を収録したもの。

【京法図】では大学院生・教官などは閲覧カウンターで申し込んで利用できます。

全国各大学での利用】多くの大学の中央図書館や法学部図書室などで利用

できます。

 

    戦前の法学文献(雑誌論文や単行書)を調べたい場合・・・

 戦前に出版された図書や雑誌論文を探すには以下の冊子体の索引目録を使います。

 『法学文献総目録』 は1916〜1944年に出版の雑誌論文、単行書について調べられます。

 それよりも古い単行書については『明治時代法律書解題』 (1868〜1912)で調べられま

す。(京都大学では附属図書館にあります。)

 1868〜1926年に掲載された雑誌論文については、法政・經濟・社會論文總覧(天野敬太郎編)

 雑誌記事索引集成 : 明治・大正・昭和前期 で調べられます。(京都大学では

附属図書館にあります。)

 

 雑誌論文のコピーを入手する (クリックしてください)

 


目次に戻る

 京都大学
国際法政文献資料センター国際法政文献資料センターのホームページへ